不気味なのに美しい?音と映像が編み出す世界に引き込まれるMV5選

ちょっと不気味だけど美しい。物憂げな雰囲気を孕みつつ、生命の神秘を感じられる、不思議な音楽と映像の世界を体験してみませんか。今回は、そんな印象深い海外のミュージックビデオを5つまとめてご紹介します。

1.Hyperballad _Bjork

型にはまらない自由な世界観で、一度聴いたら忘れられない。魔力を持ったような歌声で全世界を魅了し続けるビョーク。アイスランド・レイキャビク出身の彼女の、まずは言わずと知れた代表曲からご紹介。1996年発表のアルバム「Post」より。

スクリーンショット

眠っているビョークの横顔の凹凸が、背景に連なる山々に重なる瞬間静かに音楽が鳴り、彼女をスクリーンにして映し出された、もう1人の彼女が歌い始めます。溢れ出る感情をこらえるように。

スクリーンショット
そして、抑えていた感情が一気に解き放たれ、両手を広げて駆け出したくなるような、伸びやかな歌声が印象的なサビ。ここで彼女は空から地上に降り立ち、走り出します。

スクリーンショット

連なる山々、数々の電波塔、移り変わる街並みの風景、落下し、それでも立ち上がって駆け抜ける。鳴り響く電子音に合わせ、歌い続けるもう1人のビョーク。

スクリーンショット
身体の奥底から、生命力がとめどなく溢れくるような美しい作品です。

2.A Dark God Heart_Sleep Party People ※閲覧注意

と、注意書きを付けたくなる危うい魅力を持ったデンマーク・コペンハーゲン発の不気味なうさぎ覆面バンド、Sleep Party People。彼らの作品からこちらの一曲をご紹介。これはおとぎ話か、はたまた悪夢か、、

スクリーンショット

窓辺によりかかっている無垢な少女は、頭に装着した大袈裟なゴーグル越しに木々を眺めています。何かを見ているようにも、何も見ていないようにも見える空虚な瞳。そしてうさぎ。

スクリーンショット

場面は変わってバスルームにいる少女。バスタブの水の中には大量の衣服が漬け込まれていて、少女は石鹸を片手に洗濯の真似事をし始めます。

スクリーンショット

滑り出したゆったりとしたピアノの音色に乗せられるのは、感情をざわざわと不安にかき乱されるような不穏な歌声。

スクリーンショット

そこからしばらく、ただただ精神が不安定になりそうな、静かで不気味なメロディがゆっくりと流れ続けます。

スクリーンショット

この場面から一気に展開は変わり、静かだった音楽が突然盛り上がり始め、泡と共に明らかになるバスタブ内部の衝撃が、観ているものを退廃的な日常の風景から異界へと連れて行きます。

スクリーンショット
その不気味さと美しさの融合は、鳥肌なくしては見られない、今まであなたを感じたことがない不思議な感覚に陥らせます。
“A Dark God Heart”。彼らが伝えたかったものは一体何だったのでしょうか。衝撃的な作品です。

スクリーンショット

ちなみにこちらを演奏しているバンド、Sleep Party Peopleが気になった方はこちらもどうぞ。
そう、うさぎですよ。

I’m not a human at all
https://youtu.be/aFUzvbkEvRk

3.Green grass of tunnel_mum


雨の日に、窓辺で外を眺めながら聴きたくなる独特の雰囲気を醸し出すこの名曲は、ビョークと同郷、アイスランド・レイキャビク発のmumから。

スクリーンショット
こちらのMVは、曲の美しい雰囲気とは似つかない、最早不気味とも言えるほど無数の鳥が、海を越えてゆく物語です。

スクリーンショット

スクリーンショット

牧歌のように優しく染み渡る女性の歌声は、開始から約2分経って、ようやく聴くことが出来ます。

スクリーンショット
絵の中の建物が外へ飛び出し、鳥たちと共に空を飛ぶ象徴的な場面。まさにこの浮遊感のあるメロディと歌声に重なります。

スクリーンショット

心が不思議と洗われるような一曲です。

4.Teardrop_Massive attack


思わずギョッとするほど不気味な赤ん坊が、母親の胎内で曲を口ずさむ、なんとも不思議なMV。

スクリーンショット
全体に一定のリズムが、曲全体に気怠いイメージを持たせており、そこに重なる女性の祈るような歌声が、独特の世界観を醸しています。

スクリーンショット

スクリーンショット
生命の神秘が曲全体にわたって感じられる作品です。

5. Friend of the night_Mogwai


最後はこちら、筆者の心を何故だか掴んで放さない、ポストロック代表格、Mogwaiの一曲。

スクリーンショット
静かに鳴り始める寂しげな音色と、暗がりの中で、無数の列状に連なった雫の涙を流す少女の姿。涙は形や姿、色を変え、その『連なり』はどこまでも続きます。

スクリーンショット

スクリーンショット
ある夜その涙は惑星へと繋がり、ある夜は誰かがこの世に終わりを告げようとしていて、ある夜は生まれたての赤ん坊へと、どこまでもどこまでも繋がります。

スクリーンショット

スクリーンショット
暗闇の中でひとつの『連なり』を追う5分30秒間。終盤、重厚感がありながらも繊細な音色は聴く者をどこか物悲しい気持ちにさせます。

スクリーンショット
一体何故、こんなに心惹かれるのでしょうか。

 


いかがでしたか?
今回は『不気味なのに美しい?音と映像が編み出す世界に引き込まれるMV5選』と題して、不思議な世界観を持った海外のMVを5つ紹介しました。それぞれイメージは違えど、どれも美しさと危うさを兼ね備えた魅力的な作品だったのではないかと思います。
どこか癖になるこの雰囲気。皆さんもお気に入りの作品を見つけてみてはいかがですか。


福祉に携わっています。ライターの肩書きに憧れる超一般人。音楽と映画と面白いことが好きです。落ち着くのは喫茶店と居酒屋、フットワークは軽いほう、どちらかと言えばミーハー、たまごサンドは永遠のブームです。垣根の低い世の中がきっと素敵です。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

INSTAGRAM
Follow us!